ガルクレセゴーリ

第4回真皇杯関東予選で使用した構築

煮詰めきれなかったので簡単に公開。

 

f:id:momizi_poke:20180624011459p:image

真皇杯ではガルーラを使うと決めていた。

今回はガルーラで崩し、後ろの一環を作ることを目的とした。

よって月光乱舞による回復を目論みガルクレセの並びを採用した。

特殊を受け、幅広く打ち合えるヒードラン

スカーフで地面の一環を作った時、強力で

サイクル介入性能が非常に優れているランドロスを採用。

ここまでで苦手とするジャローダやカバ、ガッサに対抗すべく

ラムゲッコウガ、最後にどうしても無理な相手に無理やり勝ち筋を作る、

相手のメタグロスを誘ってランドなどで殺せるようオニゴーリを採用。

 

1.ガルーラ@メガ 陽気AS

グロパン すてみタックル シャドークロー 岩石封じ

相手のリザを意識した最速に加え、ゴーリの起点を作る封じ持ち。

シャドークローはガルクレセで絶対にミミッキュにスキを見せないようにするため。

 

2.霊獣ランドロス@スカーフ 陽気AS

地震 ストーンエッジ とんぼ 馬鹿力 

普通のランドロス。エッジはボルト、馬鹿力は削れたポリ2やゲッコウガ意識。

 

3.クレセリア@ゴツゴツメット 図太いHB

サイコキネシス 電磁波 月の光 三日月の舞

ごまかし枠その1。PTですばやさが遅いため、ゴーリの起点を作るために電磁波。サイキネはゲンガーにスキをみせないように。三日月の舞でガルーラやゴーリを雑に扱えた。ゴーリのPPを16に出来る。

 

4.ヒードラン@とつげきチョッキ 控えめHC

噴煙 ラスターカノン めざ氷 岩石封じ

噴煙封じでゴーリの起点作成。めざ氷は相手のマンダを意識して。ラスカはテテフやミミッキュを確実に処理したいため。

 

5.オニゴーリ@食べ残し 臆病HdS

フリーズドライ 絶対零度 身代わり まもる

数値受けがごちゃごちゃいたり見た目でどのようなptかわからないやつを問答無用でハメ殺す。

あとポリ2がとてもしんどいのでポリ2入には積極的時出して零度を打った。

まもると身代わりのタイミングをうまくずらしアドを取れるように意識。身代わりまもるの連続と見せかけ身がわり連打すると交換際に身代わりおけた。HPやPPを気にせずそれができるのもクレセリアのおかげ。

 

6.ゲッコウガ@臆病 色々調整 ラムのみ

ねっとう れいとうビーム あくのはどう みずしゅりけん

ごまかし枠その2カバ、ガッサの増加、ガルーラ入りで苦手とするジャローダなどを意識したラムのみ持ち。いわゆる6世代でいた信用可能ゲッコウガを採用した。7世代で型が多様化した中で、ラムのみという持ち物が警戒が薄くなったと見て採用した。

 

結果は決勝トナメ1落ちのベスト32

 

それではまたどこかで。

 

第24回夜空杯ベスト4「バンドリマンダ偽装」

本記事は5/26に行われた

第24回夜空杯で使用した構築についての簡易記事です。

f:id:momizi_poke:20180527223639p:image

f:id:momizi_poke:20180527223805j:image

 

「結果」

予選ブロック4-1:1位抜け 決勝トナメ0-1:ベスト4

 

「構築経緯」

前回に引き続き本来の役割対象として後出しされるポケモンに対して誘って倒せ、全抜き出来る型を模索することからスタート。目に留まったのが、自信過剰ボーマンダボーマンダにあと投げされやすい高耐久水(カプ・レヒレドヒドイデ)や、テッカグヤに対して有効な雷の牙デンキZを採用。できる限りメガ進化ではないと思わせ、相手に認識の相違を生ませるためバンドリマンダを並べた。マンダ1匹では抜き性能がPT単位で物足りないため、抜き性能兼切り返し性能が高いスカーフフェローチェ。ここまでで対物理に薄く、積み展開阻止要因にカプ・レヒレミミッキュグロス辺りを見れるHBカミツルギを採用した。

 

「使用個体」

・意地ASボーマンダ@デンキZ 自信過剰

技構成:ドラゴンクロー 雷の牙 地震 りゅうのまい

ステロ+1舞デンキZで物理よりのカプレヒレドヒドイデテッカグヤをだいたい落とすことができる。レヒレドヒドは砂ダメ込みでほぼ確定。レヒレは別ブロックに集まりドヒドイデはkp0。

 

・意地HADメガバンギラス

技構成:岩石封じ 追い討ち 炎のパンチ ステルスロック

追い討ちステロまでは確定として全体でSが遅いため後ろに繋いだ時に上から行動できるよう岩石封じ、PT単位で炎技がないため炎のパンチを採用。

 

・慎重HDドリュウズ@高級オボン 型破り

技構成:地震 アイアンヘッド 毒々 つのドリル

PT単位で特殊受けとして、数値受けに対して強い枠として採用。ドリルを一回撃てば数値受けは引っ込み後続に毒を入れることが容易となる。

 

・控えめCSフェローチェ@スカーフ

技構成:気合い玉 むしのさざめき 冷凍ビーム とんぼがえり

上からのとんぼ返り、相手の1舞への切り返し、最後の抜き性能全てにおいて優秀になれると考えたスカーフフェローチェを採用。使うならもう少し耐久を振って先制技を余裕を持って耐える数値を確保するべきだった。

 

・意地HBカミツルギ@高級オボン

技構成:リーフブレード 叩き落とす 光合成 ハサミギロチン

相手の地面枠へのあと投げ枠、胞子一貫切り、叩き落とす枠として採用。ミミッキュに対してもあと投げができるように思えたが、鬼火が飛んできた。

 

・図太いHBカプ・レヒレ@ただのオボン

技構成:波乗り ムーンフォース 挑発 黒い霧

積み展開への回答と基本的な物理受け枠として採用。相手のボーマンダマンムーへのあと投げを可能とする。特にツルギとの役割を分散する相性が良いと感じた。

 

「雑感」

マンムーが多すぎたため、死亡。ボーマンダの汎用性があまりにも低かったので実質5体で回すことがほとんどであった。また舞う機会を構築全体で作ることが出来なかったのも反省。フェローチェのスカーフは今後も使用することができそうな性能を持っていること実感した。

 

以上です。

夜空杯スタッフの皆様、当日関わった皆様、ありがとうございました。

また今回構築を組むにあたって出発点となった自信過剰タツベイを譲ってくださった、あんぐさん、ありがとうございました。

ポケモンUSMシーズン9使用構築「双龍舞踏カバマンダ」

本記事はポケモンUSMシーズン9で使用した構築です。

シーズン9最高最終レート2009 最終順位351位 f:id:momizi_poke:20180516110359p:image

f:id:momizi_poke:20180518230628j:image

f:id:momizi_poke:20180519001731j:image

「構築経緯」

ボーマンダの特性を活かした最低限のサイクル要素と、相手に殴り負けないような対面要素、積み要素を持たせ、柔軟に対処できるようなptを目指した。

 

「個別解説」

 1.カバルドン@オボン(慎重 砂起こし)

215(252)-117-139(4)-x-136(252)-67

技構成:地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし

一枚目として一番仕事ができる配分は慎重HDであると判断し、このような配分となった。いたるところから挑発が飛んでくるため、選出するときは立ち回りをよく考える必要があった。岩石封じの採用も一考であると考える。

 

2.ボーマンダ@メガストーン(意地 威嚇)

メガ前:171(4)-205(252)-100-117-100-152(252)

メガ後:171-216-150-126-110-172

技構成:八つ当たり 地震 流星群 龍の舞

C126流星群

H171D110メガボーマンダに対して168-200(98.8%-117.6%)

H197D130メガボーマンダに対して144-170(73.0%-86.2%)

準速ASぶっぱ

八つ当たり地震龍の舞までは確定として、先にボーマンダを展開した時の相手のボーマンダへの回答として流星群を採用した。他にも3枚目に運用することで、数を増やしたように思えるヒートロトムボルトロスに対して、ステロによるサイクルにより削りをいれ、流星群で処理をする動きをとることができた。欠点としてはサイクル介入力が極端に落ちることだが、その場合はカバルドンによる起点作成からの積みサイクルとしての選出をすることで、殴りきるor殴り負けないような選出を心掛けた。

 

3.ジャラランガ@ジャラランガZ(臆病 防塵)

151(4)-117-145-152(252)-125-150(252)

技構成:スケイルノイズ ドレインパンチ 火炎放射 身代わり

ジャラランガにはメガギャラドスへの切り替えし要因として採用。A207↑1の氷のキバを耐えてから、ジャラランガZ→ドレインパンチで落とす+回復をし、相手の後ろをひたすら削れるよう場持ちを意識した最速でのドレインパンチを採用。

 

4.ギルガルド@食べ残し(冷静 食べ残し)

167(252)-70-170-112(252)-171(4)-72

167-170-70-222-71-72

技構成:シャドーボール かげうち どくどく キングシールド

対数値受け要因。影うちはアーゴヨン意識での採用。基本二枚目として繰り出していく。テッカグヤや今期多いように感じたカプテテフなどに繰り出しひたすらダメージを与える。どくどくはポリゴン2などに入れる。しかし、一定数身代わりポリ2に当たったため、対ポリ2には安易に毒を入れる立ち回りはできなかった。それでも二枚目に繰り出すには数値、タイプともに優れていたように感じた。

 

5.カミツルギ@カクトウZ(陽気 ビーストブースト)

135(4)-209(60)-152(4)-x-77(204)-174(236)

技構成:リーフブレード 聖なる剣 叩き落とす 剣の舞

準速120属抜き抜き

準速120属抜きツルギを意識してsを一段階あげた。またレヒレカグヤを意識した格闘Zでの採用に至った。ボーマンダに隙を見せがちだが、前述したボーマンダ、後述するスカーフゲッコウガで潰しに行けるため、この技構成で採用できた。

 

6.ゲッコウガ@こだわりスカーフ(おっとり変幻自在)

147-139(188)-78-145(68)-91-174(252)

技構成:あくのはどう 冷凍ビーム 岩石封じ とんぼ返り

A:H181B105メガリザードンYに180-216

C:H135D115メガゲンガーにステロ込みで確定1発

カバマンダに出してくる凍える風持ちのメガゲンガー、相手のマンダの潰しを意識したスカーフゲッコウガ。後ろに積みエースがいるため岩技は岩石封じ。

 

以上です。

 

最後に原案をくれたアキユウ君、カバマンダの立ち回りについて相談にのってくれたくらうでぃあさん、通話メンバーの方々、ありがとうございました。

 

何かあれば@momizi_pokeまでお願いします

 

カプZ+フィールド展開カバマンダ

前期終盤や対戦オフで使用していた並び。実績はないので詳しくは書きません。

対戦オフでカプZテテフ入のカバマンダが優勝していたので自分も組んでみようと思いスタート。

f:id:momizi_poke:20180428110754p:image

 

カバ→HBD 地震 欠伸 吹き飛ばし ステロ

ボーマンダ→HA 恩返し 身代わり 羽休め りゅうのまい(準速100抜き)

カプテテフ→HS サイキネ 10万 挑発 怒り(準速100抜き抜き)

カミツルギ→HADS リフブレ はたき やつあたり スマホ

ウルガモス→HBCS 放射 ギガドレ めざ氷 ちょうのまい

カプレヒレ→HS なみのり ムンフォ 挑発 怒り

 

カバマンダで辛いポケモンを以下に処理するか。

鋼タイプにマンダを通すためにカプZテテフを採用。

ギルガルド→挑発を駆使。シャドボは耐える

テッカグヤ→10万も加えて削る

ヒードラン、ナット→木の実を食わせてマンダの起点

メガメタグロス→フィールド展開してガモスバック。

テテフにひたすらあと投げするして来るのでタイミング読んでカプZ

今は思念持ちが多いので出来ません。ほかの鋼タイプにも有効ですね。

他にポリクチの並びにもサイコフィールドを活かして処理。

 

また、サイコフィールドを使用することで

キノガッサに対して

テテフ→カミツルギにより、相手のガッサを引かせて

叩き落とすでサイクルを有利にしたり抜いて言ったり。

ゲッコウガにも有効だが、水Zもあるので少し怪しい。

 

アーゴヨンギャラドスのような並びにも。

カプテテフのスカーフは警戒される動きであり前者を牽制。

後者には10万から入ったり、挑発を入れてマンダの起点にしたり。

また、テテフを出せない時はカプレヒレのフィールドを活かす。

ギャラドスについては言及しないが、アーゴヨンに対しては

フィールドを展開→カバルドンのあと投げが非常に安定する。

 

ヒレ+カバという並びは初手リザードンYにも使用し、

怒りを打ってカバに下げてステロでリザードンを処理も可能とした。

 

 

 

共に構築を組んでくれたアキユウ君に感謝します。

何かあれば@momizi_pokeまで

 

 

 

 

第5回MASTERS優勝「ガルゲンスタンダード」

本記事は3/25に行われた

MASTERSオフで使用した構築記事です。

 

「結果」

予選を6-3で1位抜け、決勝トナメ4-0で優勝

f:id:momizi_poke:20180329001319p:image

f:id:momizi_poke:20180329003520p:image

 

「構築経緯」

対面、ストッパー性能が高いガルーラ、ステロから範囲をとったアタッカーのゲンガーの2匹を軸としてできる限り柔軟に対処できるようなバランスのとれたPTを目指した。

 

「個別解説」

1.ガルーラ@メガ(いじっぱり、肝っ玉)

203(180)-154(196)-100-x-101(4)-126(124)

→203-187-120-x-121-136

(努力値4余り)

技構成:猫だまし 八つ当たり 炎のパンチ 不意打ち

H:6n-1(ゴツメ最小)

A:B4振りガッサを八つ当たりでほぼ確1

S:最速ガッサ抜き抜き

構築のメインその1。猫だまし+不意打ちの縛り性能は言わずもがな。メインであるため特記事項なし。

 

2.霊獣ランドロス@半分回復木の実(腕白 威嚇)

192(220)-165-156(252)-x-105(36)-111 

技構成:地震 とんぼ返り 岩石封じ ビルドアップ

どこにでも居る普通の木の実ランドロス。ガルーラと組ませる上で必要なことはボーマンダと対抗する性能持たせることであるためビルドアップを4枠目に採用。

 

3.サザンドラ@悪Z(臆病 浮遊)

167-x-110-177(252)-111(4)-165(252)

技構成:悪の波動 羽休め 身代わり 挑発

普通の最速CSサザンドラ。ガルゲンを見てランドロスを突破された時につらいミミッキュを上から叩くこと、ゲンガーテテフ対面、ゲンガーの守る→サザンドラバックをした後、身代わりで様子を見ることが出来る最速での採用に至った。その他Sを削った100属付近(ガルーラ、リザードンなど)や耐久振りボーマンダを上から叩くしているけるメリットがある。

 

4.ヒードラン@地面Z(穏やか 貰い火)

197(244)-x-126-150-173(252)-99(12)

技構成:噴煙 大地の力 ステルスロック 吠える

後出しからステルスロックの展開を意識したHDぶっぱ。C無振りではあるが、メガ枠が不利をとってしまう相手のヒードランメガゲンガーを確実に倒すパワーが欲しく、以前考察していた地面Zを採用した。

 

5.ゲンガー@メガ(控えめ 呪われボディ)

135-x-81(4)-200(252)-95-162(252)

→135-x-101-244-115-182

技構成:シャドーボール ヘドロ爆弾 凍える風 守る

構築のメイン2。PT全体で火力に乏しいため控えめ。守るは対テテフ意識。それ以外は特記事項なし。

 

6.スイクン@ゴツゴツメット(図太い プレッシャー)

207(252)-x-165(116)-110-135-123(140)

技構成:熱湯 眠る 寝言 吠える

http://sp.ch.nicovideo.jp/afou/blomaga/ar1447864

↑こちらのブログ記事からそのまま採用。ランドロスの役割集中が辛く2枚目の物理受けを採用。これがハマって、主にカバルドンマンムー、霊獣ランドロスの地面枠や、相手のガルーラ入りへ後出しからの回答となった。とくにカバルドンの被選出率が高く、このスイクンのあと投げが安定する点がとても評価が高かった。

 

以上です。

最後に、主催のむかさんをはじめとした流星群の皆様、対戦してくれた方々、当日関わった方々、ありがとうございました。

 

質問などございましたら

twitter→@momizi_poke までお願い致します。

 

ガチンコバトルオフベスト16「ハッサムスタン」

椛です。

本記事は2/11に行われた

ガチンコバトルオフオフで使用した構築記事です。

あまり使用期間も長くないので短めに。

 f:id:momizi_poke:20180212205344p:image

f:id:momizi_poke:20180212205816j:image

「構築経緯」

積み、対面、サイクル負荷全てに介入出来るポケモンとしてメガハッサムを採用。

ハッサムが不利を取るメガボーマンダメガガルーラに削りと麻痺を入れれるHB化身ボルトロスを採用。

電気の一環を切れ、威嚇と蜻蛉でサイクルを回せ、重いゲッコウガに上から殴れるスカーフ霊獣ランドを採用。

ここまでで重い霊ボルトに強く、積極的に負荷をかけれるメガネラティオス

カバマンダに比較的対応できる積みとしてメガギャラドス

最後にテテフに大抵あと投げ可能なヒードランを採用した。

 

「個別解説」

1.化身ボルトロス@ゴツゴツメット(呑気 悪戯心)

185(244)-x-134(252)-145-102(12)-115(S個体値25or24)

技構成:ボルトチェンジ めざめるパワー氷 挑発 電磁波

S:無振りミミッキュ抜かれ

・構築のクッションかつ削り役など。ガルーラやボーマンダには積極的にあと投げしていく。地震1ウェポンのカバルドンに挑発すれば、ボルトチェンジで有利対面を作れることもあった。

 

2.霊獣ランドロス@こだわりスカーフ(陽気 威嚇)

165(4)-197(252)-110-x-100-157(252)

技構成:地震 ストーンエッジ 蜻蛉返り 馬鹿力

・威嚇と蜻蛉返りによるサイクル介入だけでなく、最後に地震の一環を作れれば抜いていくことも出来ることを評価して採用。霊獣ボルトロス意識で雪崩ではなくストーンエッジ。馬鹿力はゲッコウガとガルーラを意識しての採用になった。

 

3.ラティオス@こだわり眼鏡(臆病 浮遊)

155-x-103(20)-180(236)-130-178(252)

技構成:りゅうせいぐん サイコキネシス 10万ボルト シャドーボール

H-B:A197メガルカリオのコメットパンチ確定耐え

ハッサムとの相性は言わすもがな。りゅうせいぐんサイコキネシスはメインウェポンとして確定。10万ボルトはテッカグヤやレヒレを意識、シャドーボールメタグロスギルガルドを意識して採用した。

 

4.ハッサム@メガストーン(意地っ張り テクニシャン)

145-200(252)-121(4)-x-100-117(252)

→145-222-161-x-120-127

技構成:バレットパンチ 叩き落とす 馬鹿力 剣の舞

・初めはバレパン蜻蛉剣舞羽休めで採用していたが、叩き落とすはサイクル負荷を評価し、PT単位でヒードランが重いためSを振って馬鹿力を採用した。メガ前がテクニシャンの理由は、ギャラドスと同じ選出が万が一の時に出来るように。

 

5.ギャラドス@メガストーン(陽気 威嚇)

171(4)-177(252)-99-x-120-146(252)

→171-207-129-x-150-146

技構成:たきのぼり 氷の牙 挑発 りゅうのまい

・ボルトを出せない時のカバ展開や、マンダに強い積みアタッカーとして採用。威嚇及び挑発によるサイクル介入が出来る点も強く感じた。

 

6.ヒードラン@ジメンZ(穏やか 貰い火)

197(244)-x-126-150-173(252)-99(12)

技構成:噴煙 大地の力 ステルスロック 吠える

C:ライジングランドオーバー

H161D125ウルガモスにステロ込み14/16で倒せる。

イーブイバトンなどどうしようもなく採用。カプテテフに後出しできるようHD配分。ジメンZは相手のドランやリザードンXなどの安易な後出しのスキを付いて、ハッサムの通りを良くするため。

 

簡単ですが以上となります。

主催のでんそんさん初めスタッフの皆様、

対戦してくれた方々、ありがとうございました。