第2回極湧泉杯後半使用構築「Second Destiny Bond」シングル66

本記事はオンライン大会「第2回極湧泉杯(シングル66)」後半4戦で使用した構築です。

 

f:id:momizi_poke:20180930220342p:plain

「戦績」

第2回極湧泉杯Cブロック4戦使用

4勝0敗

 

「コンセプト」

サイクル+ステロ+メガサメハダーの噛み砕くの一環作成。

メガサメハダーミミッキュの道連れによる強引なカットによるサイクル破壊。

 

「構築経緯」

強引なサイクルカットによりこちらの通したいポケモンを通すことがシングル66では強いと思う考えから、道連れという技に着目。真っ先に思いついたのはメガゲンガーなのだが、あまりにも安直だと思い、技スペースに入るか入らないかギリギリのラインで道連れが使えるポケモンを模索したところ二匹のポケモンが思いついた。1匹目がメガサメハダーサメハダー自体がステロ+噛み砕く等で一掃できる役目もあるが、止まりやすい相手が多いのも事実であり、(レヒレなど)止まる相手には道連れで強引に持って行くことで本来の役割+αの遂行を試みた。2匹目はミミッキュ。直近の66でのミミッキュはレッドカード呪いであったり、剣舞Z型など、ミミッキュ自体が増えた中での道連れは警戒が薄い中さらに薄いと予測しこの2体から組み始めた。道連れでサイクルカットした後に対面操作も可能で、抜きエースで最も優れてると考えているスカーフフェローチェを採用。残りはステロ+吠える持ちのヒードラン、霧払い要因のカプレヒレ、対面操作要因かつボルチェンの一環切りができる霊獣ボルトロスを採用して構築が完成した。

 

以下、 簡単な個体解説。

 

1.サメハダー@メガストーン(意地っ張り 加速)

 意地ASぶっぱ

かみ砕く/みがわり/まもる/みちづれ

本構築エース。ステロのサイクルで有利対面で死に出しして積極的に身代わりを貼る。加速とみがわりとの行動保障が確保された中で思考停止かみ砕くを打ち、無理なくなにかしら持っていくことが可能。砕く圏内ではない相手には道連れ。

 

2.ミミッキュ@ゴーストZ(控えめ 化けの皮)

 控えめCSぶっぱ

シャドーボール/鬼火/挑発/道連れ

二匹目の道連れ要因。サイクル破壊を考えた結果、あと投げを想定したエアームドなどを狩るためのシャドーボールZ。ゲンガーの鬼火にも屈しない。

 

3.フェローチェ@こだわりスカーフ(控えめ ビーストブースト)

控えめCSぶっぱ

気合玉/むしのさざめき/れいとうビーム/とんぼがえり

抜きエース。また偵察要因で初手で投げてとんぼがえりをしたりも。いうことなく強い。 

 

4.ヒードラン@ピンチベリー(穏やか 貰い火)

 穏やかHDぶっぱ

噴煙/大地の力/ステルスロック/吠える

ステロ要因。テテフなどのあと投げを想定したので思考停止HDぶっぱ。バトン系やハメ系統に刺さる吠える。相手のドラン意識の大地と、命中安定の噴煙。

 

5.霊獣ボルトロス@ピンチベリー(呑気 蓄電)

呑気HBぶっぱ

10万ボルト/めざ氷/とんぼがえり/馬鹿力

電気の一環切り。10万めざ氷は確定として、対面操作をするため、ボルチェンではなくとんぼかえり。相手のバンギなどを意識した馬鹿力。

 

6.カプ・レヒレ@食べ残し(臆病 ミストメイカー)

臆病HSぶっぱ

波乗り/ムーンフォース/挑発/霧払い

相手のバシャやドラン意識。場持ちが良いように感じたためピンチベリーではなく残飯。ボルトの繰り出し回数を増やすために霧払いは必須。

 

簡単ですが以上です。

極湧泉杯主催のわいたろうさん、

対戦していただいた方々、ありがとうございました。

 

それではまた次の記事で。。。