第7回あめおふ!ベスト16「ゲンガースタン」

第7回あめおふに参加してきました。

結果はツチノコブロック7-1で1位抜け

決勝トナメ1落ちでベスト16でした。

 f:id:momizi_poke:20171029234731j:image

(以下記事のリンク複数ありますが無断で載せてますので

問題あれば早急に削除いたします。)

構築経緯として、

http://d.hatena.ne.jp/coolg-nittan/20140923/1411468855

ブログ周回中にこちらの記事を見つけ、

7世代でも様々な相手にごまかしを行い

こちらに有利な展開を作れないないか?と考えた。

影踏みによるサイクルカット、高い特攻を持ち

相手に負担をかけれるメガゲンガーを主軸とし

ミミッキュに出せる物理受け枠としてポリゴン2

ポリ2で受けれない第二の物理受けとしてクレセリア

ここまででガルド、ドランが重いためHDグライオン

ポリ2を出せない時のミミッキュ意識のヒードラン

最後に悪タイプに一発かませてかつ、

呪いによるバトン対策、削り要因としてミミッキュ

以上のような経緯で構築を作成した。

 

以下個別解説

1.ポリゴン2@輝石(図太い、トレース)

191(244)-x-132(76)-125-115-104(188)

技構成:イカサマ 凍える風 どくどく 自己再生

H-B:A156↑2じゃれつくZ 156-184

http://shadepoke.hatenablog.com/entry/2017/09/18/223956

こちらの記事のポリゴン2を採用。

大抵のミミッキュに後出しが可能、

相手のギャラドスなどSをあげてくる相手に

凍える風をうち、Sをあげさせず

後ろのゲンガー圏内にする立ち回りを目標にした。

耐久が若干足りないが、ptに高耐久ポケモン

様々いるので気にせず採用できた。

 

2.グライオン@毒毒玉(慎重 ポイズンヒール)

177(212)-115-145-x-139(252)-121(44)

技構成:地震 ハサミギロチン とんぼ返り 守る

HD:C222シャドーボールZ 144-171

主にギルガルドヒードランに繰り出す、

耐久を最低限にし、ミラーで上から行動できるよう

あまりをSに振った。とんぼがえりは裏にクレセドランの

並びを採用していることもあり、被選出されがちな

カプレヒレに交換読みで放ち、

ゲンガーで処理するルートとして採用。

またミミッキュの皮を剥がし後ろに繋ぐこともできた。

とんぼの枠ははじめは羽休めだったが、おふ直前の

大会で羽よりも対面操作の要素が欲しくなり変更した。

 

3.クレセリア@ゴツゴツメット(図太い 浮遊)

227(252)-x-176(156)-95-150-118(100)

技構成:サイコキネシス どくどく

スキルスワップ つきのひかり

http://jillpoke.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

こちらの記事のクレセリアを採用しました。

主にポリゴン2では厳しいガルーラ、ミミロップなどへ
繰り出すことを意識した採用としていたが、

pt単位でスキを見せがちなグライオンボーマンダ

カプレヒレに対する誤魔化しとしてスキスワを採用。

メガゲンガーを同時に選出していれば毒はね身代わり

のようなボーマンダにあと投げを可能とした。

 

4.ヒードラン@半減実(控えめ 貰い火)

194(220)-99-148(172)-178(92)-127(4)-100(20)

技構成:火炎放射 ラスターカノン 岩石封じ どくどく

H-B:A156↑2シャドークロー166-196(6.3%)

http://bazillpoke.hatenablog.com/entry/2017/03/21/061848

こちらの記事のヒードランを採用しました。

ミミッキュへ後出しできるポケモン2体目。

ポリゴン2が出せない時に主にだしたり、

テテフがどうしようもない時に繰り出す。

 選出は控えめ。

 

5.ゲンガー@メガストーン(臆病 呪われボディ)

135-x-80-182(252)-96(4)-178(252)

→135-x-100-222-116-200

技構成:シャドーボール ヘドロ爆弾

マジカルシャイン みがわり

C:マジカルシャイン

H183-D150メガギャラ→90-108ほぼ確2

H147-D91ゲッコウガ→146~ほぼ確1

サザンドラ一撃

ゲンガーで負担をかけていく、締めることが

目標なのでCSぶっぱで確定とした。

マジカルシャインはpt単位で重たいサザンドラ

メガギャラドスゲッコウガへの打点となる。

(予選であめおふ主催ことくらうでぃあさんこと
ホルードへ打ったらそこそこ入った)

初手でメガシンカできるようにかつ

ptでどくどく持ちが多いためダメージ稼ぎのみがわりを

最後の枠で採用した。これだけ毒持ちがおおいなら

シャドボ→祟り目でも良い気が少しだけしている。

 

6.ミミッキュ@フェアリーZ(陽気 ばけのかわ)

131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

技構成:じゃれつく 呪い 痛み分け みがわり

よくいる普通の呪いミミッキュ

どうにも削れなさそうな相手に呪い。

ptで瞬間火力が少ないため一番打点ありの

フェアリーZでの採用。

耐久振りも視野に入れたが、Sを落とした

穏やかメガアスやガルーラの上からじゃれつくを

打つことが出来たのでこの調整でよかったと思う。

積む相手への切り返しでトリックルームも視野。

 

解説は以上です。

主催のくらうでぃあさんはじめスタッフの方々、

当日対戦してくれた方々、ありがとうございました。

 もし何かあれば@momizi_pokeまでお願いします。

 

QR

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-1783-4867